長岡京ガラシャ祭2020開催中止のお知らせ


長岡京ガラシャ祭2020開催中止のお知らせ

 平素より、長岡京ガラシャ祭の開催に多大なご理解・ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 この度、長岡京ガラシャ祭実行委員会は、新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、誠に残念ながら令和2年11月8日(日)に予定しておりました「長岡京ガラシャ祭2020」の開催中止を決定いたしました。
 長岡京ガラシャ祭は時代行列、模擬店、ステージイベントなど参加型複合イベントであり、特に今年は大河ドラマ「麒麟がくる」の放映期間とも重なり、例年より多くの参加者が見込まれる中、皆様の安全確保が困難であるとの判断に至りました。
 しかしながら、今年度は、長年にわたり誘致活動を行い実現に至ったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送年であり、またとない機会でもあります。この機会に、ガラシャ祭や長岡京市の歴史についてより多くの方に知っていただき、次年度以降のガラシャ祭に繋げていけるように下記の内容を予定しております。
 関係者の皆様をはじめ、今年の開催を楽しみにお待ちいただいていた皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、次回開催に向け、引き続き準備を整えて参りたいと考えておりますので、今後とも変わらぬご厚情とご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

【中止の内容】
•11月8日(日)の長岡京ガラシャ祭2020は、中止します。
•例年、お祭りの約1週間前から実施しているガラシャウィークは中止します。

【今後の予定】
•大河ドラマ「麒麟がくる」の放映を記念し、明智光秀や細川ガラシャをテーマにした講演会を開催予定です。
•次回開催に向けて、ガラシャ祭にちなんだ映像配信を予定しております。

 今後の予定の詳細については、決定次第、広報誌やホームページ等でお知らせいたします。